車いすユーザーが再歩行を目指す、日本で唯一のリハビリ専門ジム

ナレッジ for 車いす生活

車いすユーザーにとってのリハビリは、病院の理学療法(PT)がメインかと思いますが、どちらかというとPTは運動能力の低下を防ぐためのもという感がありますが、もっと「積極的」な訓練する専門ジムがあります。
東京都・木場と大阪市・神山町の2か所に事務を構える「J-Workout(ジェイ・ワークアウト)」。
アメリカ発祥のプログラムを導入した、日本で唯一の再歩行を目指すトレーニングを行っています。

脊髄損傷(=背骨の中心を通る神経の束の脊髄が、骨折の外圧などで神経にダメージを負う症状)の場合、すべての神経の切断ではない限り残っている神経を活性化することで運動機能を回復することがあります。
そこで、このジムでは担当トレーナーが付きそって手足や体幹を鍛える筋トレをしたり、動かせる部分を反復練習することで脳にイメージを伝えたりと、他では体験できないトレーニングをすることができます。
もちろん、トレーニングの内容はクライアント個々の障害の状態に応じて変わってきますので、様々な器具やマシンを使いながらいろいろとアレンジされます。
ボクも長いこと通っていますが、歩行器を使えば多少歩けるまでになりました。

 

 

まだ健康保険が適用されていないので、年会費24万円、トレーニング代2時間2万5千円(共に税別)と高額ではありますが、iPS細胞などの再生医療の実用化が見えてきたとはいえ、まだまだ現実的にはなっていない中、「その時」に備えて筋肉が固まらないように身体を鍛えてはいかかですか。

詳しくはJ-Workoutの公式HPをご覧ください。