車いすユーザーにおススメの楽器は? それはウクレレと三線です!

Let's enjoy! 車いすライフ

長期にわたるリハビリ入院から帰宅してきた後、何か家でも出来ることを趣味にしよう!と思いついたのが楽器の演奏でした。

昔から何度かギターにはチャレンジしては挫折したものの、ギターそのものは残していたので、早速構えてみると・・・
ギターのボディー部分が車いすのアームレスト(ひじ掛け)に当たるため体から離れてしまうので、ポジションがうまく取れません。そう、大きいんですね、、、
アコースティックはもちろん、ちょっと小ぶりのエレキギターもダメでした。

意外と見落としがちなのが、楽器を運ぶ時の体勢。
ギターだと横にして膝の上に置くと結構邪魔です。外に持ち運ぶ以前に、家の中でケースにしまったりする動きの際もあちこちぶつけます。

そこで今度は、やっぱりしまってあった(笑) ウクレレを抱えると、、、なんということでしょう! ちょうどよいサイズです。運ぶのも邪魔になりません。
元々、HAPAやジャック・ジョンソンなどハワイのミュージシャンの音楽が好きだったこともあり、ならばウクレレを趣味にしよう♪ということに。

ただ、教則本とにらめっこしたりネットの動画で覚えるのも根気が続かないかなと思い、ウクレレ教室をいろいろ調べましたが、通える場所や時間など条件的に適したところがなく、果たしてどうしようかと!?というところで、人づてにハワイアン・ミュージシャンを紹介してもらえたので家の近場でレッスンを受けられることになりました。
以来、かれこれ6年近く教わっています。

それと、三線!!
これは、たまたま沖縄旅行に行った時に三線の体験教室で弾いてみたところ、ウクレレ同様うまく構えられる大きさだし音色の響きにも魅了され、現地の職人さんを紹介してもらってオーダーしてきちゃいました。
職人の彼は、今でも沖縄に行った時の`夜の友´です。
三線は月2回の教室に1年半通って習いました。

ただ、ウクレレも三線も「唄」が肝だったんですね。
三線は沖縄の言葉で歌う民謡だし、ウクレレの場合、ボクの先生はフラダンスで使われるハワイ語で歌うトラディショナルなハワイアンソングがメインなので、歌うことが苦手なボクにはそれが辛くて。。。
そのため、並行してボイストレーニングにも1年間通って発声の基礎から勉強しました(^^;

でも、車いすで元気に動け回れるうちに習っておけば、いずれ歳を取って出掛けるのも億劫になったときに日がな一日、家で爪弾くことが出来るので、その時に備えて日々練習に励んでいます!!