飛行機の座席について① 座席の取り方ひとつで快適な空の旅を

空飛ぶ車いす

飛行機を予約する際、ボクはネットで予約完了するのではなく航空会社のサポートデスクに電話して席を取ります。
なぜならば搭乗の手順を確認したり、手荷物で預ける車いすのサイズ等こちらの情報を伝えるためでもありますが、ネット上の座席表には載っていない席もあるからです。

そこでいつも疑問に思っていたのですが、車いすであることを伝えると先ずは通路側の席を探してくれることです。

ボクはたいてい、搭乗ゲート付近で機内用のコンパクトな車いすに乗り換えて搭乗するのですが、確かに通路側だとそのまま席には移乗しやすいです。

ただし、2ー3ー2列シートの機体ならまだしも、3ー4ー3列の3の通路側だと当然奥の2席に他のお客様が入ってくるので、結構大変な思いをします。
一番最初に乗って最後に降りる身ですし、2時間以上のフライトになると奥の人がトイレに行くために出入りすることもあります。
その都度、動かせない足を手で引っ込めますが、時には「なんでどかないんだよ!」と言わんばかりに嫌な顔をされることもしばしば…
「すみません。立てないので。。。」と言うしかありません。

そこで最近は窓際の席を取るようにしています。
シートの手前で移乗して、あとはトランスしながらの横移動です。
するとどうでしょう!! 搭乗している間、動かなくていいんですよね 。

JALのHPより

一度、JALの予約担当の方にお会いしたことがあるのですが、特に車いすの方に通路側を勧めるということはマニュアル等に規定されている訳ではないそうです。
ということで、横移動できる方は窓際を取って爆睡しましょう(笑)