飛行機の座席について② 座席の取り方ひとつで快適な空の旅を

空飛ぶ車いす

ANA国内線の場合、機種によって違いますが座席のカテゴリーはプレミアムクラスと普通席(エコノミー)の二種類があります。

ボクは普段はもちろんはエコノミーを使いますが、SFC(スーパーフライヤーズクラブ)修業をしていた時は、一度のフライトでステータスに必要なプレミアムポイントをより多く貯めたいがために、プレミアムクラスを何度か利用しました。
シートは広いし機内食も高級感があって、とっても良いです♪(お値段も結構なものですが…)

この時、一番前列の通路側の席を取るのですが、実はANAではサイズにもよりますが自走型で折り畳み式の車いすであれば機内のシートまで自分の車いすのままで行けるのです!
シートに移乗して、そこで車いすを預けるのですね。
この方法だと、搭乗する直前に機内用車いすに乗り換えることがなくなるので、自分にとっても空港スタッフやCAさんたちの手間も省けて一石三鳥(!?)です。

ただし、プレミアムクラスの設定がある便&機種に限ります。そうでないと、いきなり最前列から通路が細くなって機内用車いすしか通れません。
それと、エコノミークラスの席にも言えることですが、シート間のひじ掛けが上がることが前提です。
一度だけプレミアムクラスの窓際を取ったことがあるのですが、分厚いひじ掛けを乗り越えて奥のシートに着席するのにすごく苦労しました(^^;

JALも同型機種で同様座席のクラスJの設定がありますが、残念ながらJALの場合は社内の規定やらなんやらでこの方法をとることができません。
物理的には可能なんですけどね、、、
ということで、これもJALの方に検討をお願いしておきました。

これができれば、今度はJGC(JALグローバルクラブ)のステータス修業でもしようかな! と思います!!